※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

カーディフ・シティ(Cardiff City)

15イングランド フットボールリーグ・チャンピオンシップ所属

スレイマン バンバ72, アロン エイナル グンナルソン72, デイヴィッド ホイレット72, リー トムリン72, ブルーノ エキュエレ マンガ72などが所属。

攻撃 総合値 71
中盤 総合値 70
守備 総合値 70

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • LCB 14 スレイマン バンバ(スピード54), RCB 4 ショーン モリソン(スピード54)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • サイドのLW 33 デイヴィッド ホイレット(ディフェンス力33), RW 19 Nathaniel Mendez-Laing(ディフェンス力36)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • ST 10 ケネト ゾホレ(空中戦の強さ63)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LW 33 デイヴィッド ホイレット(突破力83), RW 19 Nathaniel Mendez-Laing(突破力78)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。

サイドアタック分析

  • LW 33 デイヴィッド ホイレットは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RW 19 Nathaniel Mendez-Laingは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LW 33 デイヴィッド ホイレット(スピード89), RW 19 Nathaniel Mendez-Laing(スピード82)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。
  • RB 2 リー ペルティアー(スピード64)はスピードとクロスの精度が低いためサイドからの攻撃に厚みが出ない。

セットプレー分析

  • RCB 4 ショーン モリソン(空中戦の強さ77)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFジョー ロールズ72
  • DMFアロン エイナル グンナルソン71
  • CMFクレイグ ジェームズ ブライソン71
  • OMFリー トムリン70
  • STアンソニー ピルキントン69
  • LMFデイヴィッド ホイレット68
スピード
  • LMFデイヴィッド ホイレット89
  • LMFカディーム ハリス86
  • RMFNathaniel Mendez-Laing82
  • RMFLiam Feeney80
  • RBカラム パターソン78
  • STリース ヒーリー77
ドリブルテクニック
  • LMFデイヴィッド ホイレット77
  • RMFNathaniel Mendez-Laing74
  • OMFリー トムリン74
  • STケネト ゾホレ70
  • LMFカディーム ハリス70
  • RMFLiam Feeney70
FW能力
  • STケネト ゾホレ68
  • OMFリー トムリン68
  • CMFクレイグ ジェームズ ブライソン68
  • STアンソニー ピルキントン68
  • LMFデイヴィッド ホイレット67
  • STDanny Ward67
展開力
  • OMFリー トムリン70
  • CMFジョー ロールズ69
  • CMFクレイグ ジェームズ ブライソン68
  • STアンソニー ピルキントン68
  • DMFアロン エイナル グンナルソン67
  • DMFロイク ダムール64
空中戦の強さ
  • RBカラム パターソン86
  • STDanny Ward78
  • STフレデリク グヌングベ78
  • CBショーン モリソン77
  • RBマシュー コノリー75
  • DMFアロン エイナル グンナルソン73
ディフェンス力
  • RBリー ペルティアー74
  • CBスレイマン バンバ74
  • CBブルーノ エキュエレ マンガ74
  • CBショーン モリソン73
  • RBアシュリー リチャーズ73
  • RBマシュー コノリー72