※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

デスポルティヴォ・シャヴェス(Chaves)

26ポルトガルリーグ所属

レナン ブレッサン76, リカルド75, パウリーニョ75, ジャヴァン75, ペルジゴン74などが所属。

攻撃 総合値 70
中盤 総合値 71
守備 総合値 73

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • LCB 14 ヌーノ アンドレ コエーリョ(スピード38), RCB 15 ドミンゴス ドゥアルテ(スピード51)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • RCMF 12 レナン ブレッサン(ディフェンス力47)の守備力が低く、DMFが引き出されると危険な状況になる可能性がある。
  • サイドのLW 91 ダヴィジソン(ディフェンス力44), RW 10 ペルジゴン(ディフェンス力35)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • 空中戦に強いFWがいないため、単純なクロスは有効ではなく、カウンターかコンビネーションでの崩しが基本的な戦術になる。
  • RW 10 ペルジゴン(突破力76), LB 26 ジャヴァン(突破力74), RB 2 パウリーニョ(突破力80)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • RW 10 ペルジゴン(テクニックとパス精度75), LCMF 25 ペドロ ティバ(テクニックとパス精度74), RCMF 12 レナン ブレッサン(テクニックとパス精度79)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • RCMF 12 レナン ブレッサン(ロングシュート精度86)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LW 91 ダヴィジソンは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RW 10 ペルジゴンは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LW 91 ダヴィジソン(スピード75), RW 10 ペルジゴン(スピード74)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • RCMF 12 レナン ブレッサン(フリーキック精度83)はフリーキック精度が高いため、ゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFレナン ブレッサン79
  • CMFTiago Galvão76
  • RWペルジゴン75
  • CMFペドロ ティバ74
  • RBパウリーニョ73
  • LBルベン フェレイラ73
スピード
  • RBパウリーニョ84
  • LWMatheus Pereira82
  • RWジョルジーニョ80
  • LWダヴィジソン75
  • RWハムドゥ エルフニ75
  • LBジャヴァン74
ドリブルテクニック
  • LWMatheus Pereira79
  • RWペルジゴン78
  • RBパウリーニョ76
  • CMFレナン ブレッサン76
  • LBジャヴァン75
  • LBルベン フェレイラ72
FW能力
  • LWMatheus Pereira74
  • CMFレナン ブレッサン73
  • RWペルジゴン72
  • RWジョルジーニョ70
  • STPlatiny70
  • STウィリアン66
展開力
  • CMFレナン ブレッサン80
  • CMFTiago Galvão71
  • CMFペドロ ティバ69
  • LWMatheus Pereira66
  • LBルベン フェレイラ65
  • CMFパトロン65
空中戦の強さ
  • CBAnderson Conceição75
  • DMFフィリペ メーロ74
  • CBドミンゴス ドゥアルテ73
  • LBジャヴァン71
  • STウィリアン71
  • DMFJefferson Santos70
ディフェンス力
  • LBジャヴァン74
  • CBドミンゴス ドゥアルテ73
  • CBヌーノ アンドレ コエーリョ73
  • CBヴィクトル マッサイア73
  • DMFフィリペ メーロ72
  • LBRafael Furlan72