※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

SCフライブルク(SC Freiburg)

2ドイツ ブンデスリーガ所属

フロリアン ニーダーレヒナー76, ヨリク ラヴェ76, ニルス ペテルゼン76, アレクサンダー シュヴォロフ75, チャーラル ソユンジュ74などが所属。

攻撃 総合値 74
中盤 総合値 73
守備 総合値 71

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • CB 23 ユリアン シュスター(スピード39)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • RDMF 8 マイク フランツ(ディフェンス力68)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。
  • サイドのLW 13 マルコ テッラッツィーノ(ディフェンス力35), RW 19 ヤニク ハベラー(ディフェンス力46)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • 空中戦に強いFWがいないため、単純なクロスは有効ではなく、カウンターかコンビネーションでの崩しが基本的な戦術になる。
  • ST 7 フロリアン ニーダーレヒナー(FW能力77)のFW能力が高く、ラストパスを供給出来れば得点が期待できる。
  • LW 13 マルコ テッラッツィーノ(突破力75)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • RW 19 ヤニク ハベラー(テクニックとパス精度78)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • LW 13 マルコ テッラッツィーノは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • LMF 30 クリスティアン ギュンターは左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RW 19 ヤニク ハベラーは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 15 パスカル シュテンツェルは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LW 13 マルコ テッラッツィーノ(スピード77)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CFヤニク ハベラー78
  • RBパスカル シュテンツェル74
  • RMFヨリク ラヴェ73
  • LMFバルトシュ カプストゥカ73
  • CMFマイク フランツ72
  • DMFニコラス ヘフラー72
スピード
  • LMFライアン ケント84
  • RMFヨリク ラヴェ83
  • LMFバルトシュ カプストゥカ79
  • RMFオヌル ブルト79
  • LMFマルコ テッラッツィーノ77
  • LBクリスティアン ギュンター74
ドリブルテクニック
  • LMFライアン ケント76
  • CFヤニク ハベラー75
  • LMFマルコ テッラッツィーノ74
  • RMFヨリク ラヴェ72
  • LMFバルトシュ カプストゥカ72
  • LBクリスティアン ギュンター71
FW能力
  • STニルス ペテルゼン81
  • STフロリアン ニーダーレヒナー77
  • RMFヨリク ラヴェ72
  • CFヤニク ハベラー71
  • CMFマイク フランツ67
  • STティム クラインディーンスト67
展開力
  • RMFヨリク ラヴェ74
  • LMFバルトシュ カプストゥカ71
  • CMFマイク フランツ70
  • DMFユリアン シュスター67
  • DMFニコラス ヘフラー66
  • CFヤニク ハベラー66
空中戦の強さ
  • CBマルク オリヴァー ケンプフ81
  • STニルス ペテルゼン74
  • CBマヌエル グルデ74
  • DMFニコラス ヘフラー73
  • DMFJonas Meffert73
  • CBチャーラル ソユンジュ72
ディフェンス力
  • CBチャーラル ソユンジュ79
  • CBゲオルク ニーダーマイアー74
  • CBマルク オリヴァー ケンプフ74
  • DMFアミル アブラシ73
  • CBマヌエル グルデ73
  • LBクリスティアン ギュンター72