※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

鹿島アントラーズ(Kashima Antlers)

10Jリーグ(J1)所属

昌子源73, 金崎夢生73, クォンスンテ(權純泰)71, ペドロ ジュニオール71, 植田直通70などが所属。

攻撃 総合値 71
中盤 総合値 68
守備 総合値 69

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • RDMF 40 小笠原満男(ディフェンス力65)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。
  • サイドのLMF 11 Leandro(ディフェンス力31), RMF 25 遠藤康(ディフェンス力38)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

ビルドアップ分析

  • RDMF 40 小笠原満男(展開力72)の展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。

オフェンス分析

  • LST 33 金崎夢生(空中戦の強さ74)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LST 33 金崎夢生(突破力76), RST 8 土居聖真(突破力72)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • LST 33 金崎夢生(テクニックとパス精度74)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • LMF 11 Leandroは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RMF 25 遠藤康は左足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • LMF 11 Leandro(スピード76)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。
  • LB 16 山本脩斗(スピード58), RB 22 西大伍(スピード57)はクロスの精度は高いが、スピードが低いためサイドからの攻撃にスピード感が出にくい。

セットプレー分析

  • RMF 25 遠藤康(フリーキック精度73)はフリーキック精度が高いため、ゴールに期待できる。
  • LST 33 金崎夢生(空中戦の強さ74), LCB 3 昌子源(空中戦の強さ75), RCB 5 植田直通(空中戦の強さ76)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • DMF小笠原満男74
  • ST金崎夢生74
  • CMFレオ シルバ71
  • LMF土居聖真71
  • RMF遠藤康69
  • STペドロ ジュニオール69
スピード
  • ST金森健志89
  • ST安部裕葵86
  • STペドロ ジュニオール84
  • ST金崎夢生79
  • DMF久保田和音77
  • RMFLeandro76
ドリブルテクニック
  • ST安部裕葵81
  • LMF中村充孝77
  • LMF土居聖真74
  • ST金崎夢生74
  • CMFレオ シルバ73
  • STペドロ ジュニオール73
FW能力
  • RMF遠藤康70
  • ST金崎夢生70
  • LMF土居聖真69
  • STペドロ ジュニオール67
  • RMFLeandro66
  • ST鈴木優磨63
展開力
  • DMF小笠原満男72
  • CMFレオ シルバ71
  • RMF遠藤康68
  • LMF土居聖真67
  • LMF中村充孝66
  • DMF永木亮太65
空中戦の強さ
  • CB植田直通76
  • CB昌子源75
  • ST金崎夢生74
  • STペドロ ジュニオール74
  • ST鈴木優磨73
  • CBBueno71
ディフェンス力
  • CB植田直通76
  • CB昌子源74
  • RB西大伍68
  • CMFレオ シルバ67
  • DMF三竿健斗67
  • DMF永木亮太66