※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

KVオーステンデ(KV Oostende)

30ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ所属

ニコラス ロンバールツ78, セバスティアン シアニ73, フランク ベリエ73, ノーリッジ ムソナ73, ジャルコ トマシェヴィッチ72などが所属。

攻撃 総合値 72
中盤 総合値 72
守備 総合値 72

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • LCB 44 アントニオ ミリッチ(スピード44), CB 6 ニコラス ロンバールツ(スピード44)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • LDMF 7 セバスティアン シアニ(ディフェンス力69), RDMF 15 アンディレ ジャリ(ディフェンス力64)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。

オフェンス分析

  • RST 93 ジーニョ ガノ(空中戦の強さ78)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LST 11 ノーリッジ ムソナ(突破力78)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • OMF 10 フランク ベリエ(テクニックとパス精度77)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • LMF 16 アレクサンダル ビェリツァは左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 27 ブレヒト カポンは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。

セットプレー分析

  • RST 93 ジーニョ ガノ(空中戦の強さ78), CB 6 ニコラス ロンバールツ(空中戦の強さ80)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • OMFフランク ベリエ77
  • CMFアンディレ ジャリ75
  • CMFセバスティアン シアニ73
  • LMFノーリッジ ムソナ72
  • RMFフェルナンド マトス72
  • CMFミヒエル ヨンクヘーレ72
スピード
  • OMFイブラヒマ ソリー コンテ84
  • STリハイロ ジヴコヴィッチ83
  • LMFノーリッジ ムソナ80
  • RMFフェルナンド マトス80
  • STイブラヒマ バー77
  • RBブレヒト カポン74
ドリブルテクニック
  • OMFイブラヒマ ソリー コンテ78
  • RMFフェルナンド マトス77
  • LMFノーリッジ ムソナ76
  • CMFアンディレ ジャリ73
  • LMFNicolas Rajsel72
  • LBアレクサンダル ビェリツァ69
FW能力
  • LMFノーリッジ ムソナ73
  • OMFフランク ベリエ69
  • STジーニョ ガノ69
  • STジョセフ アクパラ69
  • CMFケヴィン ヴァンデンドリーシュ69
  • CMFセバスティアン シアニ68
展開力
  • OMFフランク ベリエ79
  • CMFセバスティアン シアニ71
  • CMFミヒエル ヨンクヘーレ71
  • CMFアンディレ ジャリ70
  • CMFケヴィン ヴァンデンドリーシュ70
  • LBアレクサンダル ビェリツァ69
空中戦の強さ
  • CBニコラス ロンバールツ80
  • STジーニョ ガノ78
  • CBアントニオ ミリッチ75
  • CMFケヴィン ヴァンデンドリーシュ75
  • CMFセバスティアン シアニ73
  • CBジャルコ トマシェヴィッチ72
ディフェンス力
  • CBニコラス ロンバールツ80
  • CBジャルコ トマシェヴィッチ74
  • CBアントニオ ミリッチ71
  • LBアレクサンダル ビェリツァ71
  • CBダヴィト ロゼフナル71
  • CMFセバスティアン シアニ69