※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

S.S.ラツィオ(Lazio)

4イタリア セリエA所属

ステファン デ フライ83, チーロ インモービレ83, ナニ83, フェリピ アンデルソン81, マルコ パローロ81などが所属。

攻撃 総合値 80
中盤 総合値 79
守備 総合値 79

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • 各ポジションにそのポジションに合った守備力を兼ね備えた選手を配置している。

ビルドアップ分析

  • RDMF 8 マルコ パローロ(展開力81)の展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。

オフェンス分析

  • OMF 21 セルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ(空中戦の強さ86)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LST 11 チーロ インモービレ(FW能力86)のFW能力が高く、ラストパスを供給出来れば得点が期待できる。
  • LST 11 チーロ インモービレ(突破力80)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • RST 18 ルイス アルベルト(テクニックとパス精度83), OMF 21 セルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ(テクニックとパス精度82)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • RDMF 8 マルコ パローロ(ロングシュート精度86)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LMF 19 セナド ルリッチは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RMF 8 ドゥシャン バスタは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 8 ドゥシャン バスタ(スピード74)はスピードは特に高くないが、テクニックが高いため、ボールをつないでコンビネーションで崩す形になる。サイドを上手く使うならサイドバックの攻撃参加が重要。
  • LMF 19 セナド ルリッチ(スピード76)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • OMF 21 セルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ(空中戦の強さ86)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • LWナニ84
  • OMFルイス アルベルト83
  • CMFセルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ82
  • RWフェリピ アンデルソン82
  • CMFマルコ パローロ80
  • CMFセナド ルリッチ78
スピード
  • RWフェリピ アンデルソン92
  • LWナニ85
  • LBジョルダン ルカク84
  • STチーロ インモービレ81
  • CMFセナド ルリッチ76
  • LBアダム マルシッチ75
ドリブルテクニック
  • LWナニ87
  • RWフェリピ アンデルソン87
  • CMFセルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ81
  • CMFセナド ルリッチ80
  • OMFルイス アルベルト80
  • STチーロ インモービレ79
FW能力
  • STチーロ インモービレ86
  • CMFマルコ パローロ78
  • LWナニ77
  • STフェリペ サルバドル カイセド77
  • STフィリプ ジョルジェヴィッチ76
  • CMFセルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ75
展開力
  • CMFマルコ パローロ81
  • LWナニ80
  • CMFセルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ77
  • RWフェリピ アンデルソン76
  • CMFセナド ルリッチ75
  • OMFルイス アルベルト75
空中戦の強さ
  • CMFセルゲイ ミリンコヴィッチ サヴィッチ86
  • CBマウリシオ82
  • STフェリペ サルバドル カイセド80
  • STフィリプ ジョルジェヴィッチ78
  • CBウォレス77
  • CMFマルコ パローロ77
ディフェンス力
  • CBステファン デ フライ84
  • LBシュテファン ダニエル ラドゥ83
  • CBマウリシオ80
  • CBウォレス79
  • RBドゥシャン バスタ79
  • CMFマルコ パローロ78