※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

スコットランド(Scotland)

ジェームズ モリソン76, ダレン フレッチャー76, スコット ブラウン76, ロバート スノッドグラス75, アンドルー ロバートソン75などが所属。

攻撃 総合値 74
中盤 総合値 75
守備 総合値 73

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • RCB 4 クリストフ ベラ(スピード42)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • サイドのLMF 17 ロバート スノッドグラス(ディフェンス力49), RMF 11 ジェームズ フォレスト(ディフェンス力32)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • ST 9 リー グリフィス(空中戦の強さ77)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • RMF 11 ジェームズ フォレスト(突破力83), LB 3 アンドルー ロバートソン(突破力77)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • LMF 17 ロバート スノッドグラス(テクニックとパス精度77), OMF 18 ジェームズ モリソン(テクニックとパス精度78)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • OMF 18 ジェームズ モリソン(ロングシュート精度78)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LMF 17 ロバート スノッドグラスは左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 11 ジェームズ フォレストは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LMF 17 ロバート スノッドグラス(スピード66)はスピードは特に高くないが、テクニックが高いため、ボールをつないでコンビネーションで崩す形になる。サイドを上手く使うならサイドバックの攻撃参加が重要。
  • RMF 11 ジェームズ フォレスト(スピード91)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • LMF 17 ロバート スノッドグラス(フリーキック精度82)はフリーキック精度が高いため、ゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFダレン フレッチャー79
  • OMFジェームズ モリソン78
  • CMFジェームズ マッカーサー78
  • RMFロバート スノッドグラス77
  • CMFバリー バナン76
  • DMFスコット ブラウン76
スピード
  • RMFジェームズ フォレスト91
  • LWイケチ アニャ88
  • STリー グリフィス81
  • LBアンドルー ロバートソン80
  • LBキーラン ティアーニー78
  • RMFマット リッチー75
ドリブルテクニック
  • OMFジェームズ モリソン78
  • RMFロバート スノッドグラス77
  • RMFマット リッチー76
  • RMFジェームズ フォレスト75
  • LBアンドルー ロバートソン74
  • LWイケチ アニャ73
FW能力
  • STロス マコーマック74
  • OMFスティーヴン ネイスミス74
  • OMFジェームズ モリソン73
  • RMFマット リッチー73
  • STクリス マーティン73
  • STリー グリフィス73
展開力
  • CMFバリー バナン77
  • CMFグレアム ドランス76
  • RMFロバート スノッドグラス75
  • OMFジェームズ モリソン74
  • CMFダレン フレッチャー74
  • CMFジェームズ マッカーサー73
空中戦の強さ
  • OMFスティーヴン ネイスミス79
  • STスティーヴン フレッチャー79
  • CBグラント ハンリー77
  • STリー グリフィス77
  • CBクリストフ ベラ76
  • CMFダレン フレッチャー75
ディフェンス力
  • CMFダレン フレッチャー77
  • CBグラント ハンリー74
  • CBクリストフ ベラ74
  • CBラッセル マーティン73
  • CMFジェームズ マッカーサー72
  • DMFスコット ブラウン72