※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

シャフタール・ドネツク(Shakhtar Donetsk)

マルロス82, タイソン82, ダリヨ スルナ81, ヤロスラフ ラキツキー80, フレッジ80などが所属。

攻撃 総合値 76
中盤 総合値 79
守備 総合値 77

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • RDMF 8 フレッジ(ディフェンス力66)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。
  • サイドのLMF 10 ベルナルジ(ディフェンス力34)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

ビルドアップ分析

  • RDMF 8 フレッジ(展開力77)の展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。
  • LCB 44 ヤロスラフ ラキツキー(展開力80)はCBであるが展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。また、ディフェンスラインからFWへのパスで局面の打開も期待できる。

オフェンス分析

  • 空中戦に強いFWがいないため、単純なクロスは有効ではなく、カウンターかコンビネーションでの崩しが基本的な戦術になる。
  • LMF 10 ベルナルジ(突破力85), OMF 22 タイソン(突破力89), RMF 11 マルロス(突破力86)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • LMF 10 ベルナルジ(テクニックとパス精度80), OMF 22 タイソン(テクニックとパス精度81), RMF 11 マルロス(テクニックとパス精度85)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • OMF 22 タイソン(ロングシュート精度83)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LMF 10 ベルナルジは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RMF 11 マルロスは左足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • LMF 10 ベルナルジ(スピード90), RMF 11 マルロス(スピード86)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • RB 33 ダリヨ スルナ(フリーキック精度83)はフリーキック精度が高いため、ゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFフレッジ85
  • RMFマルロス85
  • RBダリヨ スルナ84
  • LMFタイソン81
  • DMFタラス ステパネンコ80
  • OMFベルナルジ80
スピード
  • LMFタイソン91
  • OMFベルナルジ90
  • RMFマルロス86
  • CMFフレッジ83
  • LBイスマイリ80
  • OMFアラン パトリキ79
ドリブルテクニック
  • RMFマルロス87
  • LMFタイソン87
  • OMFベルナルジ81
  • OMFアラン パトリキ80
  • CMFフレッジ79
  • OMFデンチーニョ75
FW能力
  • RMFマルロス77
  • LMFタイソン76
  • OMFベルナルジ76
  • STファクンド フェレイラ76
  • RBダリヨ スルナ74
  • CMFフレッジ74
展開力
  • RBダリヨ スルナ87
  • CBヤロスラフ ラキツキー80
  • CMFフレッジ77
  • LMFタイソン77
  • RMFマルロス76
  • OMFアラン パトリキ75
空中戦の強さ
  • CBセルヒー クリフツォフ75
  • STファクンド フェレイラ75
  • STグスタボ エセキエル ブランコ74
  • CBヤロスラフ ラキツキー73
  • DMFタラス ステパネンコ73
  • CBイヴァン オルデツ73
ディフェンス力
  • CBヤロスラフ ラキツキー80
  • DMFタラス ステパネンコ79
  • CBイヴァン オルデツ79
  • CBセルヒー クリフツォフ77
  • RBダリヨ スルナ76
  • LBイスマイリ75