※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

シェフィールドUtd(Sheffield Utd)

15イングランド フットボールリーグ・チャンピオンシップ所属

John Fleck70, Billy Sharp70, Enda Stevens69, リチャード スティアマン69, Ched Evans69などが所属。

攻撃 総合値 68
中盤 総合値 68
守備 総合値 67

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • LCB 5 ジャック オコネル(スピード54)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • DMF 15 Paul Coutts(ディフェンス力56)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。

オフェンス分析

  • RST 9 Leon Clarke(空中戦の強さ73)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LST 36 David Brooks(突破力72), RMF 2 George Baldock(突破力74)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • LCMF 4 John Fleck(テクニックとパス精度70)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • LMF 3 Enda Stevensは左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 2 George Baldockは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 2 George Baldock(スピード80)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • RST 9 Leon Clarke(空中戦の強さ73), LCB 5 ジャック オコネル(空中戦の強さ74), RCB 16 Cameron Carter-Vickers(空中戦の強さ73)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFPaul Coutts70
  • CMFJohn Fleck70
  • OMFDavid Brooks69
  • CMFJohn Lundstram69
  • RBGeorge Baldock68
  • CMFSamir Carruthers67
スピード
  • RBJake Bennett86
  • LMFNathan Thomas83
  • RBGeorge Baldock80
  • STTyler Smith80
  • STCaolan Lavery76
  • CMFSamir Carruthers75
ドリブルテクニック
  • OMFDavid Brooks70
  • CMFSamir Carruthers70
  • RBGeorge Baldock68
  • OMFマーク ダフィー68
  • CMFJohn Fleck67
  • RMFKieron Freeman65
FW能力
  • STBilly Sharp73
  • STChed Evans70
  • STクレイトン ドナルドソン70
  • STLeon Clarke68
  • STCaolan Lavery64
  • STJames Hanson64
展開力
  • CMFJohn Fleck71
  • CMFPaul Coutts69
  • CMFJohn Lundstram69
  • OMFDavid Brooks67
  • OMFマーク ダフィー64
  • CMFSamir Carruthers63
空中戦の強さ
  • STJames Hanson81
  • CBジャック オコネル74
  • CBCameron Carter-Vickers73
  • STLeon Clarke73
  • STChed Evans73
  • STクレイトン ドナルドソン72
ディフェンス力
  • CBCameron Carter-Vickers71
  • CBジャック オコネル69
  • CBリチャード スティアマン69
  • CBChris Basham68
  • CBベン ヘネガン67
  • LMFEnda Stevens66