※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

スポルティング・ロケレン(Sport. Lokeren)

30ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ所属

キリアン オーヴェルマイレ72, ヤコフ フィリポヴィッチ71, ダヴィーノ ヴェルフルスト70, ステファノ マルゾ70, ジョヘル カディム ラスル70などが所属。

攻撃 総合値 66
中盤 総合値 68
守備 総合値 69

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • RCB 5 ミヤト マリッチ(スピード35)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • サイドのLMF 22 スティーヴ デ リデル(ディフェンス力41), RMF 21 マルコ ミリッチ(ディフェンス力36)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • ST 29 ルイス エノー(空中戦の強さ75), OMF 10 サミ ケーリ(空中戦の強さ63), RMF 21 マルコ ミリッチ(空中戦の強さ68)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LMF 22 スティーヴ デ リデル(突破力72)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • OMF 10 サミ ケーリ(テクニックとパス精度71)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • LMF 22 スティーヴ デ リデルは右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • RMF 21 マルコ ミリッチは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LMF 22 スティーヴ デ リデル(スピード72)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。
  • RB 2 ステファノ マルゾ(クロスの精度64)はスピードはあるがクロスの精度が低いため、サイドからの攻撃に懸念がある。

セットプレー分析

  • ST 29 ルイス エノー(空中戦の強さ75), RDMF 7 キリアン オーヴェルマイレ(空中戦の強さ75), RCB 5 ミヤト マリッチ(空中戦の強さ72)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CMFメディ テルキ73
  • DMFキリアン オーヴェルマイレ71
  • OMFサミ ケーリ71
  • CMFジュリアン ミシェル71
  • LBアリ フレイル スクーラソン69
  • OMFスティーヴ デ リデル69
スピード
  • LMFモハメド オフキル86
  • RBTracy Mpati76
  • RMFフース ヒュッペルツ75
  • STロビン セダー75
  • LMFアミン ベンハイブ75
  • LBマリオ ティチノヴィッチ73
ドリブルテクニック
  • CMFメディ テルキ74
  • OMFスティーヴ デ リデル72
  • RMFフース ヒュッペルツ72
  • LMFモハメド オフキル71
  • LBマリオ ティチノヴィッチ70
  • RWYusuf Lawal70
FW能力
  • OMFスティーヴ デ リデル67
  • STトム デ ステル67
  • RMFマルコ ミリッチ66
  • STロビン セダー66
  • OMFサミ ケーリ65
  • RMFフース ヒュッペルツ63
展開力
  • LBアリ フレイル スクーラソン71
  • OMFサミ ケーリ70
  • CMFジュリアン ミシェル70
  • DMFキリアン オーヴェルマイレ69
  • CMFメディ テルキ65
  • RMFマルコ ミリッチ64
空中戦の強さ
  • DMFキリアン オーヴェルマイレ75
  • STルイス エノー75
  • STトム デ ステル75
  • CBジョヘル カディム ラスル73
  • CBミヤト マリッチ72
  • CBヤコフ フィリポヴィッチ68
ディフェンス力
  • CBヤコフ フィリポヴィッチ72
  • CBミヤト マリッチ71
  • DMFキリアン オーヴェルマイレ70
  • RBステファノ マルゾ69
  • CBジョヘル カディム ラスル69
  • LBアリ フレイル スクーラソン66