※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル(Sporting CP)

26ポルトガルリーグ所属

ルイ パトリシオ83, ウィリアン カルヴァーリョ83, バス ドスト83, セバスティアン コアテス81, ジェルソン マルティンス81などが所属。

攻撃 総合値 80
中盤 総合値 79
守備 総合値 78

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • RCB 19 セバスティアン コアテス(スピード49)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • サイドのRMF 18 ジェルソン マルティンス(ディフェンス力43)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

ビルドアップ分析

  • RDMF 14 ウィリアン カルヴァーリョ(展開力82)の展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。

オフェンス分析

  • 空中戦に強いFWがいないため、単純なクロスは有効ではなく、カウンターかコンビネーションでの崩しが基本的な戦術になる。
  • ST 88 ドゥンビア セイドゥ(突破力81), LMF 18 マルコス アクーニャ(突破力81), RMF 18 ジェルソン マルティンス(突破力89)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • OMF 8 ブルーノ ミゲル フェルナンデス(テクニックとパス精度81)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • LDMF 16 ロドリゴ バタグリア(ロングシュート精度81)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LMF 18 マルコス アクーニャは左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 18 ジェルソン マルティンスは右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • LMF 18 マルコス アクーニャ(スピード84), RMF 18 ジェルソン マルティンス(スピード94)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • CFアラン ナウエル ルイス83
  • DMFウィリアン カルヴァーリョ81
  • OMFブルーノ ミゲル フェルナンデス81
  • LMFブルーノ セザル81
  • LMFブライアン ルイス81
  • OMFMattheus Oliveira80
スピード
  • RMFジェルソン マルティンス94
  • CFダニエル ポデンセ91
  • CFGelson Dala86
  • LMFマルコス アクーニャ84
  • STドゥンビア セイドゥ84
  • RMFユーリ メデイロス82
ドリブルテクニック
  • CFアラン ナウエル ルイス86
  • RMFジェルソン マルティンス85
  • LMFブライアン ルイス85
  • CFダニエル ポデンセ84
  • RMFユーリ メデイロス82
  • LMFブルーノ セザル82
FW能力
  • STバス ドスト87
  • STドゥンビア セイドゥ78
  • RMFジェルソン マルティンス75
  • CFGelson Dala75
  • CFダニエル ポデンセ74
  • CFアラン ナウエル ルイス74
展開力
  • DMFウィリアン カルヴァーリョ82
  • CFアラン ナウエル ルイス82
  • LMFブルーノ セザル80
  • OMFブルーノ ミゲル フェルナンデス77
  • LMFブライアン ルイス76
  • LMFマルコス アクーニャ75
空中戦の強さ
  • DMFジョアン パリーニャ80
  • CBジェレミー マテュー79
  • STバス ドスト79
  • CBダウグラス79
  • CBセバスティアン コアテス78
  • CBトビアス フィゲイレード77
ディフェンス力
  • CBセバスティアン コアテス85
  • CBアンドレ ピント83
  • CBジェレミー マテュー82
  • DMFウィリアン カルヴァーリョ80
  • RBクリスティアーノ ピッチーニ78
  • CMFロドリゴ バタグリア78