※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

アメリカ(United States)

ジョン ブルックス80, ファビアン ジョンソン79, ティム ハワード78, クリント デンプシー78, クリスチャン プリシッチ78などが所属。

攻撃 総合値 75
中盤 総合値 77
守備 総合値 74

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • 各ポジションにそのポジションに合った守備力を兼ね備えた選手を配置している。

ビルドアップ分析

  • DMF 4 マイケル ブラッドリー(展開力78)の展開力が高く、サイドチェンジも含めて崩しの局面にスムーズに移行できるパスが出せる。

オフェンス分析

  • RST 17 ジョジー アルティドール(空中戦の強さ80)が空中戦に強く、サイド攻撃からのクロスが有効な戦術になる。
  • LST 9 ボビー ウッド(突破力78), OMF 10 クリスチャン プリシッチ(突破力88), RB 2 デアンドレ イェドリン(突破力82)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • OMF 10 クリスチャン プリシッチ(テクニックとパス精度78), LCMF 23 ファビアン ジョンソン(テクニックとパス精度78), RCMF 15 ダーリントン ナグベ(テクニックとパス精度80)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。

サイドアタック分析

  • RB 2 デアンドレ イェドリン(クロスの精度68)はスピードはあるがクロスの精度が低いため、サイドからの攻撃に懸念がある。

セットプレー分析

  • RST 17 ジョジー アルティドール(空中戦の強さ80), LCB 6 ジョン ブルックス(空中戦の強さ81)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • DMFマイケル ブラッドリー81
  • OMFダーリントン ナグベ80
  • RMFクリスチャン プリシッチ78
  • LMFファビアン ジョンソン78
  • OMFクリント デンプシー77
  • CMFアレハンドロ ベドヤ75
スピード
  • RBデアンドレ イェドリン91
  • RMFクリスチャン プリシッチ91
  • OMFダーリントン ナグベ87
  • STジョーダン モリス85
  • RMFポール アリオラ85
  • LMFファビアン ジョンソン83
ドリブルテクニック
  • RMFクリスチャン プリシッチ86
  • LMFファビアン ジョンソン79
  • OMFクリント デンプシー79
  • OMFダーリントン ナグベ79
  • DMFマイケル ブラッドリー76
  • STボビー ウッド75
FW能力
  • OMFクリント デンプシー79
  • LMFファビアン ジョンソン76
  • RMFクリスチャン プリシッチ74
  • STジョジー アルティドール74
  • STボビー ウッド73
  • OMFダーリントン ナグベ69
展開力
  • DMFマイケル ブラッドリー78
  • RBグレアム ズシ74
  • LMFファビアン ジョンソン73
  • OMFクリント デンプシー72
  • CMFアレハンドロ ベドヤ70
  • DMFケリーン アコスタ69
空中戦の強さ
  • CBオマル ゴンザレス85
  • CBジョン ブルックス81
  • STジョジー アルティドール80
  • STボビー ウッド77
  • OMFクリント デンプシー76
  • DMFジェフ キャメロン75
ディフェンス力
  • CBジョン ブルックス82
  • DMFジェフ キャメロン78
  • CBオマル ゴンザレス78
  • DMFマイケル ブラッドリー74
  • CBマット ベスラー74
  • LMFファビアン ジョンソン71