※当サイトで表示している能力値は、サッカーゲーム「FIFA」の能力値を引用し、一部オリジナルの数値を用いています。

ベガルタ仙台(Vegalta Sendai)

10Jリーグ(J1)所属

クリスラン72, 富田晋伍68, 奥埜博亮68, 平岡康裕65, 野津田岳人64などが所属。

攻撃 総合値 67
中盤 総合値 63
守備 総合値 63

Wikipediaでチームの歴史や本拠地などの情報を見る

goal.comで試合の結果やニュース、移籍情報を見る

フォーメーション分析

ディフェンス分析

  • CB 13 平岡康裕(スピード48)のスピードが低く、カウンターを受けた際に危険。
  • LDMF 17 富田晋伍(ディフェンス力62), RDMF 18 三田啓貴(ディフェンス力59)の守備力が高くないため、バイタルエリア付近を攻略される危険性がある。
  • サイドのLW 11 石原直樹(ディフェンス力30), RW 7 奥埜博亮(ディフェンス力34), LMF 23 中野嘉大(ディフェンス力38)の守備力が低く、カウンターを受けた際の帰陣など、サイドの守備が弱点になる可能性がある。

オフェンス分析

  • 空中戦に強いFWがいないため、単純なクロスは有効ではなく、カウンターかコンビネーションでの崩しが基本的な戦術になる。
  • ST 20 クリスラン(FW能力70)のFW能力が高く、ラストパスを供給出来れば得点が期待できる。
  • ST 20 クリスラン(突破力74), LMF 23 中野嘉大(突破力72)の突破力が高く、カウンターなどこれを生かした攻撃が期待される。
  • ST 20 クリスラン(テクニックとパス精度67), RW 7 奥埜博亮(テクニックとパス精度67), RMF 25 菅井直樹(テクニックとパス精度66)のテクニックが高く、創造性のあるパスでの崩しや、キラーパスで決定機を作り出すことが期待される。
  • ST 20 クリスラン(ロングシュート精度66)のミドル〜ロングシュート精度が高く、ミドル〜ロングレンジからのゴールに期待できる。

サイドアタック分析

  • LW 11 石原直樹は右足の方が得意なため、インサイドにカットインすることが想定される。
  • LMF 23 中野嘉大は左足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RW 7 奥埜博亮は右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RMF 25 菅井直樹は右足の方が得意なため、縦への突破が中心になることが想定される。
  • RW 7 奥埜博亮(スピード60), RMF 25 菅井直樹(スピード57)はスピードは特に高くないが、テクニックが高いため、ボールをつないでコンビネーションで崩す形になる。サイドを上手く使うならサイドバックの攻撃参加が重要。
  • LW 11 石原直樹(スピード66), LMF 23 中野嘉大(スピード81)はスピードが高いため、サイド突破が有効な崩しになる。

セットプレー分析

  • LCB 6 ヴィニシウス(空中戦の強さ69)は空中戦に特に強いため、コーナーキックやフリーキックからヘディングでのゴールに期待できる。

その他のメンバー分析

チーム内能力ランキング

テクニックとパス精度
  • DMF富田晋伍70
  • RMF奥埜博亮67
  • STクリスラン67
  • LMF勇基 梁67
  • RMF金久保順67
  • RMF菅井直樹66
スピード
  • OMF野津田岳人82
  • LMF中野嘉大81
  • RMF茂木駿佑78
  • STクリスラン76
  • RB小島雅也73
  • ST西村拓真69
ドリブルテクニック
  • STクリスラン73
  • RMF奥埜博亮65
  • LMF中野嘉大64
  • LMF勇基 梁64
  • RMF菅井直樹62
  • RMF金久保順60
FW能力
  • STクリスラン70
  • RMF奥埜博亮65
  • CF石原直樹63
  • OMF野津田岳人60
  • RMF菅井直樹59
  • CMF三田啓貴57
展開力
  • ST野沢拓也67
  • RMF奥埜博亮66
  • LMF勇基 梁65
  • RMF古林将太65
  • OMF野津田岳人62
  • CMF三田啓貴61
空中戦の強さ
  • CB増嶋竜也75
  • CBヴィニシウス69
  • STクリスラン65
  • ST平山相太64
  • RB大岩一貴63
  • ST西村拓真63
ディフェンス力
  • RB大岩一貴68
  • CB平岡康裕67
  • CBヴィニシウス66
  • CB増嶋竜也66
  • RMF菅井直樹64
  • RB蜂須賀孝治64